MTAセメントについて|徳島県鳴門市の歯医者 和田歯科医院|インプラント、予防歯科、インビザライン、矯正歯科

医療法人和田歯科医院 ママとこどものはいしゃさん 0120-28-0026
徳島県鳴門市大麻町大谷字久原75-1
HOME PHILOSOPHY STAFF MEDICAL MENU FAQ ACCESS RESERVE RECRUIT

MTAセメントについて|徳島県鳴門市 歯医者 和田歯科医院 インプラント,予防歯科,インビザライン,矯正歯科

和田歯科医院

医院コラム医院コラム 医院コラム

マイオブレース マウスピース矯正
Instagram Facebook LINE

MTAセメントについて

こんにちは、歯科医師の川野です。
今回は、大きなむし歯があるといわれた方にぜひ知っていただきたい、「MTAセメント」という歯科材料についてご紹介します。

健全な歯にむし歯ができた時、むし歯は歯の頭(=歯冠)側から、根の先(根尖)方向へと進んでいきます。進んだ先には神経や血管を含む部屋があるため、むし歯がその部屋まで到達した結果、歯の神経が徐々に細菌感染で侵されていくわけです。この状態で歯科医院にいくと、「神経をとらなければならない」と言われる場合も多いのです。

ただし、診断結果によってはまだ神経を残せる可能性があります。いくつか検査をして、どのような状態なのか、確認していきましょう。

・何もしなくても痛いのか(自発痛)
・温かいものや冷たいもので異常な痛みがあるか(温冷痛)
・噛んだ時に痛いのか(咬合痛)
・歯をたたくと痛いのか(打診痛)
・レントゲンではどう写るのか
・電気を流して反応があるか(歯髄電気診)

・・・など これらを組み合わせて、すでに神経を残せない状態なのか、残せる可能性が少しでもあるのか、私たちから患者様にご説明しています。

ここで後者の場合、神経を残すための手段として登場するのが、冒頭に出てきた「MTAセメント」という材料です。MTAとはMineral Trioxide Aggregate の頭文字をとったもので、主原料はケイ酸三カルシウムなど。良好な封鎖性、pHが高いことによる高い抗菌性、生体親和性、硬組織形成誘導能、が特徴として挙げられます。1990年代から多くの論文が発表され、現在ではそれらのデータに基づき、歯科界で広く用いられている材料となります。実際の臨床では、感染した部分の神経を取り除き、神経の露出部分にこの材料を置くと、新たな硬い組織が作られる、ということがわかっています。

MTAセメントを使った治療例のご紹介


写真左:神経まで及ぶむし歯を除去した状態。歯の中の神経と血管が露出しています。
写真右:その上にMTAセメントで蓋をした状態

・MTA治療:33,000円(税込)
・治療回数:MTAセメントの治療にかかる回数は1~2回。経過観察後、問題ないことを確認してから被せ物の治療にうつります。※その後の被せ物は自費診療となります。
・リスク:MTAセメントを使用しても、後に神経が傷んでくることがあります。MTAセメントによる治療を希望されても、状態によっては使えない場合があります。

写真のように大きなむし歯が神経まで及んでしまった場合、MTAセメントを用いない限り、基本的には神経をとる治療(根管治療)が必要となります。 根管治療を行った歯は、行っていない歯に比較して、歯の喪失リスクが1.8~7.4倍と報告されており、神経を残すことのメリットは大変大きいです。

私たち歯科医師も、できる限り神経を残すようにしたいという気持ちが大きいですが、MTAセメントによる治療が可能かどうかは、歯を削ってみて、実際にマイクロスコープで神経の状態を見てみないとわからないことも多くあります。せっかく患者様がMTAセメントによる治療をご希望されても、使えない可能性もある、ということはご理解下さい。

以上のことを踏まえ、大きなむし歯がある方には、歯の神経を残す最後のチャンスとして、MTAセメントを用いた治療をご提案することがございます。しっかり説明を聞いた上でご決断いただけますと幸いです。

分からないことがあればスタッフまでお気軽にお問合せください。


むし歯治療について詳しくはこちら

【むし歯治療】

むし歯治療について詳しくはこちら

【むし歯治療】



集合写真
医院情報
集合写真

診療時間

診療時間
Calendar Loading
Calendar Loading

○第二・第四水曜日の午前は、東先生の診察日です。
徳島大学口腔内科学前教授。日本口腔外科学会指導医・認定医

アクセス・地図

医院情報

Copyright (C) Wada Dental Clinic All rights reserved.